リース取引の仕訳  
    平成20年4月1日以降に契約したリース取引については、
    売買扱いという経理処理に変わることになりました。
     
   
国税庁   平成19年4月に『法人の減価償却制度の改正に関するQ&A』が
  公表されました。
   
  下記は、その中の説明です。
 
  説明  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
仕訳 上記の説明について、
  上場企業向けのリース会計基準も斟酌しながら、
  今後の中小企業のリース取引の仕訳を考えてみました。
   
  平成19年7月7日現在の考察であり、
  上記以上の資料もない時期ですが、今後、公表されていくリース会計処理について、
  なかがわ会計の経理処理の統一のため、整理してみました。
   
   
   
   
   
   
TopPage