監査役の任期
   
  平成14年5月1日施行の商法改正にて、
  監査役の任期は、3年から4年に変更されました。
   
現在の監査役 現在の任期が自動的に延長されるわけではありません。
 
  たとえば、平成16年3月決算の後の5月総会までの任期の監査役は、
  そのときまでが、現在の任期です。
  16年に継続されたならば、
  その後、4年の任期になります。
 
定款変更 株主総会にて、定款変更が必要ですので、
  早めの株主総会にて、変更しておいたほうがいいでしょう。
 
Excel 役員変更登記の確認表を
  Excelにて、作成しました。
 
  ここをクリックしてください。